現在の場所>ホーム > ニュース > 最新情報 >

日本で就職した外国人留学生が過去最多に、中国人は4割
日付:2019-10-23
出所:東方網日本語版

   日本の出入国在留管理庁が23日に発表したデータによると、2018年に日本で就職した外国人留学生は25,942人で、過去最多となりました。このうち、中国大陸と台湾地方は合計11,951人で、全体の46%を占めました。 
 外国人留学生が日本で働く場合、在留資格を「留学」などから就労目的の資格に変更する必要があります。2018年、就労ビザに変更した人は、記録が残る1992年以降最多となり、前年より3,523人増えました。要因として、人手不足で外国人労働者に対する企業の需要が高まっていることが考えられます。 

 就職先での職務内容は、多い順に「翻訳・通訳」23.6%、「販売・営業」13.4%、「海外業務」9%、「技術開発(情報処理分野)」6.5%などとなっています。そして、月額給与は20万円以上25万円未満が約半数を占めました。



 

 

PRE:九州大学は「輝く女性研究者活躍推進賞」を受賞     NEXT:九州大学訪問学者向仲懐先生、特別研究員夏慶友先生が第一回「重慶英材計画」に当選されました