現在の場所>ホーム > ニュース > 最新情報 >

吉野彰九州大学訪問教授のノーベル化学賞受賞について
日付:2019-10-09
出所:九州大学

   総長コメント

   吉野彰九州大学グリーンテクノロジー研究教育センター訪問教授、旭化成名誉フェローが、2019年のノーベル化学賞を受賞されたことを、九州大学関係者として大変光栄に思いますとともに、九州大学を代表して吉野先生に心からお祝いを申し上げます。

   吉野先生は、「リチウムイオン二次電池」の開発と実用化という、社会を変革する技術革新を先導されました。この待ち望まれた二次電池の高容量化や小型?軽量化の実現は、携帯電話やノートPCなどの携帯型電子機器の普及等を加速し、私達の生活様式を大きく変化させました。加えて、エコカーやスマートグリッドなど省エネルギー?環境負荷低減技術への応用、更には深海、宇宙開発への利用など、“人類に最大の利益をもたらす発明”と呼べるものではないでしょうか。

   また、このたびの吉野先生の受賞は、研究者の自由闊達な研究活動の大切さがあらためて示されたものであり、我が国全体の研究者を勇気づけるものであるとともに、研究者のみならず、相次ぐ自然災害からの復興に向けて尽力されている方々を含め、我が国の国民の皆様にとっても大きな励みになったのではないかと思います。
   九州大学にとっても、今回の受賞は大変感慨深いものがあります。あらためて、我が国の研究活動がますます発展することを願っております。


   九州大学総長

   久保千春

 

 

PRE:2019年中国大学卒業生の平均給料は5610人民元     NEXT:最新のネイチャー・インデックスが発表、中国科学院が世界一位