現在の場所>ホーム > ニュース > トピックス >

本学が2019中国国際教育展に出展
日付:2019-10-22
出所:九州大学北京事務所

 「2019中国国際教育展」(北京会場) は10月19日、20日に北京国家会議センターで開催されました。今回、日本は初めて主賓国とし、本学を含む29ヶ所の有名な日本の大学と日本語学校が出展しました。2日間の間、日本留学を問い合わせに来た学生や保護者たちが大勢いらっしゃっており、本学ブースを訪ねてきた人は2日間延べ190人超でした。本学が歴史のある日本国立大学としての優れた教育品質と声望を、たくさんの学生と保護者が重視しており、学部と大学院の英語による国際コースに関心が高まっています。本学を訪ねてきた学生たちの全体状況を見ると、言語能力が相変わらず学生たちが直面している最大の難関であり、学生のうち、すでに指導教官と連絡し、明確な留学計画を立てた人が少なく、「入学条件とプロセス」、「課程と専攻の設定」、「奨学金と学費」などを問い合わせた人がほとんどだとわかりました。さらに、学生と保護者以外に、訪ねてきた教育機関と留学仲介機関が以前より著しく増加し、たくさんの中国及び海外の大学と教育機関が本学など日本の大学と連携するとの積極的な意思を表しました。

 出展した各大学と教育機関以外に、各留学試験、各国及び大学に関する留学講座も開かれました。よりよい教育資源と未来を求めるために、留学しようとする中国の学生がますます増えてきており、日本はいつも高い教育水準と豊富な教育資源により、中国の学生の間で人気を集めています。中国人留学生は長年にわたり、在日外国人留学生のうち、最大の人数を保持しており、2018年日本学生支援機構の調査(「2018年日本留学生年度調査報告」)によると、2018年5月1日までに、在日中国人留学生は114,950人(2017年107,260人)に達し、在日外国人留学生全体の38.4%を占めていたそうです。今回、中国国際教育展は学生、保護者たち及び各教育機関に対し、大切な交流の場となり、本学は将来、様々なチャンスを利用し、学生、保護者及び教育機関の方々とさらに交流及び協力しようと希望しています。


2019-10-19 中国国际留学展1.jpg


 

 

PRE:本学国際部ご一行がご来訪     NEXT:本学が南京大学「Global Study Fair 2019」に参加